海外旅行の歴史知ってる?



第1号は幕末のジョン万次郎ではないかといわれている。正式には日本が近代国家として成立した明治時代以降になるが、いずれにしても一般市民には観光を目的とした海外旅行は無縁であった。それでも、1901年初頭に発行された報知新聞の特集記事「二十世紀の豫言」では、20世紀中に海外旅行が一般化することが予測されていた。 日本人の海外旅行は大東亜戦争中から戦後にかけて日本政府による強い規制を受けてきた。外国への旅行は業務や視察、留学などの特定の認可し得る目的が無ければならず、1963年(昭和38年)4月1日以降は現金とトラベラーズチェックによる年間総額外貨500ドル以内の職業や会社などの都合による渡航が一般化されたが、これも旅行代理店を介して逐一認可された。戦前植民地であった朝鮮半島や台湾などへの旅行を除き[要出典]、一般の市民が職業上の理由や会社の都合ではなく、単なる観光旅行として自由に外国へ旅行できるようになったのは翌1964年(昭和39年)4月1日以降であり年1回500ドルまでの外貨の持出しが許された。さらに1966年(昭和41年)1月1日以降はそれまでの「1人年間1回限り」という回数制限も撤廃され1回500ドル以内であれば自由に海外旅行ができることとなり[1]、これ以降、次第に物見遊山[2]の海外旅行が広がり始めた。 これら自由化当初の海外旅行は費用も高額(50万円程度、現在の換算で300万円前後か)で、一部の富裕層に限られており、庶民には夢であった。テレビ番組「兼高かおる世界の旅」で紹介される世界各地のナレーション付き映像や、「10問正解して夢のハワイ」のキャッチフレーズで始まる「アップダウンクイズ」といった番組が人気を博していたのもこの頃であった。

一般化し始めたのは1970年代からで、1972年には海外渡航者数が100万人を突破。飛行機の大型化やドルが変動相場制に移行しての円高や旅行費用の低下が進み、韓国や台湾などの近隣国であれば国内旅行よりも多少高い金額ぐらいで旅行できるようになった。 1980年代後半のプラザ合意以後の1ドル=80円台の円高時期には、国内旅行と海外旅行の費用が逆転するケースが発生するようになり、海外旅行者が大幅に増加した。その後円安に振れているものの、海外旅行は日本の周辺国への旅行を中心に一般化している。 日本国内の旅行よりもなぜ海外が安いかは不詳な点が多いが、一説には現地の物価や人件費の差などが指摘されている。 2001年のアメリカ同時多発テロ事件や2003年のイラク戦争等によって、海外におけるテロ行為のリスクがあらためて認識されるようになり、当該事件直後には統計的にも大幅な海外旅行控えが見られたが、親子連れなど一部を除き現在は回復している。 しかし、20歳代の若年層に限っては、1990年代後半から減少傾向が続いている。考えられる原因としては、少子化の影響、昔と違って海外旅行に対して特別な印象を持たなくなったということ、そして正規雇用者より年収が低い非正規雇用者が1990年代後半から増加したことが挙げられている。また、2000年代後半からは原油価格の高騰の影響も懸念されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ぎっくり腰の治療

軽いぎっくり腰の場合、自分で対処することも出来ます。ぎっくり腰 治療はまず、楽な姿勢で、患部を氷水で冷やすことです。大切なのは、炎症を最小にくい止めることです。時間は20分以上40分ぐらいで、最初、冷たいと感じたものが、チリチリとしてきてその後、麻痺するくらいまで我慢して行います。これを、1時間半ほど間隔をあけて、繰り返します。

リンパマッサージ手順の手順

原則として、リンパマッサージ 方法はリンパ液の流れに沿って心臓から遠い体の末端部から各リンパ節へと皮膚をさすってゆくのが手順です。また、施術者によってはリンパの最終出口にあたる鎖骨あたりからマッサージを始めなくてはいけない、という人もあります。

ペット保険の種類

ペット保険に関しては、3通りの種類があります。定率保障型・定額保障型・実額保障型の3種類となります。定率保障型のペット保険は、実際にかかった治療費に対して保障される率があらかじめ定められており、その規定に応じた金額について、保障されます。

目の下のたるみ編

目の下 たるみは、この部分に脂肪がたまりすぎるのが原因で、皮膚が余るために起きるものです。目の下が腫れて見えるんですよね。ものです。年齢とともに、この傾向が強まりますし、筋肉も衰えますので、その結果、脂肪が押し出されるわけです。

きれいになるには

古今の東西を選ばす、女性は美に気をつかってきました。現在では、ラ・パルレ エステ体験などのサービスが人気を集めています。体験価格も500円とお安いので、一度お試しする価値は大です。

資格保有のメリット

秘書検定は、あらゆるビジネス・シーンに適応できる常識ある社会人をめざすのが目的です。実力主義になりつつある現在の社会で、社会に通用する事がアピールでき、自分のステイタスを確実にアップできる資格、とも言えます。秘書になるためだけではなく、どこでも通じるビジネスマンのスキルとしても身につけられます。

レーシック手術!

現在、視力回復 トレーニングといえば、このレーシック手術を思い浮かべる人は多いでしょう。まだ歴史は浅いため、長期にわたる臨床結果が得られていないにもかかわらず、これだけ多くの人に受け入れられたのは実に驚きです。

ツボ治療と針治療

坐骨神経痛 治療は、一般的に整形外科で診察を受けて、専門医による治療が行われています。また、漢方医学による治療方法もあります。漢方と言えば、ツボ治療があります。坐骨神経痛の症状が出る範囲は広く、坐骨神経の範囲が広いので、ツボの範囲も広くなります。

プチ整形の知識を身につけよう!

プチ整形という場合の正しい定義とはどのようなものでしょうか。プチ整形といった場合、多くはメスを使わない整形であるということを定義としている場合が多いです。鼻筋を変えたい、唇の感じを変えたい、輪郭などをちょっと変えたい、などの要望に答え、メスを使わずにこれを実現したり、注射などを利用して筋肉の動きを変えるというやり方で形状や状態を改善することをプチ整形ということが多いようです。

コレステロールの概要

コレステロールは血液中に多くありますが、それ以外にも脳・脊髄・副腎・小腸・筋肉などにも含まれますが、このコレステロールの量がコントロールできなくなってしまうと、重大な病気を引き起こす事になりますので、意識してコレステロールの摂取をする必要がありますね。

精力剤の概要

精力剤とは、一般的に更年期以降の男性向けの、性機能増強のための薬や食品を差して言います。大きく分け、医薬品に分類されるものと、それ以外のサプリメント、健康食品や清涼飲料水などの食品があります。精力剤人気ランキングで選ぼう!

すっぽんが流行中!

若い女性の間で、すっぽん料理が流行っています。なんでもそのエキスが美容に良いとのこと。中でも、すっぽん小町 口コミが評判のようです。まだお試ししていない方は是非どうぞ。

精力剤としてのスッポン

古代中国では階級者たちの食膳として用いられ、古くから滋養強壮、疲労回復効果が謳われてきた。亜鉛、鉄、カリウム、、セレン、リン、マンガンなどミネラル類を多く含む。
精力剤通販ランキングはコチラから